【弁護士が解説】立川志らくの妻・酒井莉加、弟子と自宅前でわいせつ行為は「不倫」?週刊誌の記事は不倫の証拠になる?

立川志らくの妻・酒井莉加に不倫報道…弟子と自宅前で「わいせつ」行為

 月曜から金曜まで情報番組「グッとラック!」の司会を務め、“TBSの朝の顔”となっている落語家の立川志らく(56)。志らくの妻で、19人の弟子を取り仕切る「おかみさん」の酒井莉加(38)が、弟子と不倫関係に陥っていることが、「週刊文春」の取材で分かった。(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200304-00036412-bunshun-ent)

落語家の立川志らくさんの妻、酒井莉加さんが不倫をしているとの報道がありました。しかも相手は立川志らくさんの25歳の弟子だそうです。

記事には密会を重ねる様子がつづられていましたが、どうやら酒井莉加さんは弟子との不倫関係を認めていないようです。

そもそも週刊誌の記事は不倫の証拠となるのでしょうか。不倫ネットでは弁護士に取材し、今回の不倫報道について解説していきます。

酒井莉加さんと弟子の連日の不倫…2人の言い分は?

週刊文春は2人の不倫現場を詳細に報道しています。

「週刊文春」取材班は、2人のデート現場をたびたび確認している。
2月7日、2人はスーパーへ食料品の買い出しに行き、志らくが地方公演のために不在の自宅で夜を共にした。
また、舞台の公演初日だった2月19日深夜には、自宅近くの駐車場に軽自動車を停め、酒井と弟子の2人は車中でキスやその他の“行為”に及んだ。以降、連日、2人はコンビニやスーパーの駐車場で1時間以上もの逢瀬を重ねていた。(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200304-00036412-bunshun-ent)

さながら職場不倫(社内不倫)のような2人の関係ですが、かなり大胆に行動しているようにも思えます。

こんなところからバレるの!?社内恋愛の不倫を怪しまれるきっかけと対策

記事には、談笑中の2人を直撃したインタビューも載っていました。

酒井莉加さんは週刊文春の取材に対し、弟子との関係を「劇団員で用心棒」と説明。一人だと危ないからボディガードで一緒いいるだけだと主張しているそうです。

記者が車内でキスしていたことに触れると「もしかして、私が酔っ払って無理やりやったのかもしれませんが、覚えてないです」と回答しています。

あくまで不倫の事実はなかったと主張しています。

弁護士に聞いてみた

週刊文春の報道では酒井莉加さんと弟子の密会を詳細に報じた上で「不倫」と断定していますが、法律上の「不倫」と言えるのでしょうか。

また、2人の行為が不倫にあたる場合、週刊誌の記事は「証拠」になりうるのでしょうか。

弁護士法人ATBの藤吉修崇弁護士に話を伺ってみました。

ひつじ
週刊文春の記事だと「キスやその他の“行為”」とぼかされていますが、酒井莉加さんは弟子と不倫関係だった、要するに不貞行為があったと言えますか?
藤吉弁護士
不貞行為というためには、性交類似行為が必要です。
週刊誌はキスやその他の行為との記載であり、逢瀬、わいせつとあることからキスよりもより濃密な行為すなわち性交類似行為があったと推測されます。
ひつじ
酒井莉加さん、週間文春の取材にはキスなどの行為は「覚えてない」って言って不倫関係を認めていませんが、週刊誌の記事って不倫の証拠になりますか?
藤吉弁護士
日付など具体性もあり、写真などもあるうえに、妻は不倫の前科も存在することからこれだけで証拠となりうるというのが自分の見解です。
ひつじ
じゃあ、もしも立川志らくさんが慰謝料請求をしたら…
藤吉弁護士
仮に不貞が認定されなくても、不倫があったと世間を誤解させるような行為をしていることから、違法性はあって慰謝料請求を仮にしたら認められるのではないでしょうか。
ひつじ
藤吉先生、ありがとうございました!

 

立川志らく「離婚にはならない」

立川志らくさんにとって、2人は妻と弟子という切っても切れない関係です。きっと想像以上につらい思いをされていると思いきや、掲載されていたコメントは予想とは違いました。

3月2日早朝、番組に向かう志らくに話を聞くと、
「妻のことは信じてるし、まあ、この程度のことだったらば、夫婦の絆は壊れない。酒飲んでいきすぎちゃったってだけのこと。離婚とかにはならないんで」(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200304-00036412-bunshun-ent)

愛する妻が自分の弟子と不倫関係だったと知らされたにしては淡白な反応です。それには実は理由がありました。

酒井莉加さんの不倫は二度目

実は、酒井莉加さんが立川志らくさんの弟子と不倫するのはこれで二度目です。

酒井が志らくの弟子を“愛人”にしたのは今回だけではなかった。「週刊文春」の取材によれば、酒井は4年前に別の弟子と不倫関係に陥り、その弟子を、志らくが破門。弟子はその後、精神を病み、消息不明になった。(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200304-00036412-bunshun-ent)

4年前に不倫し、バレたにも関わらずまた別の弟子と不倫関係に…。

立川志らくさんが「この程度のこと」と言ったのはこうした事情が関係しているのかもしれません。

立川志らくさんと酒井莉加さんが離婚するとしたら

仮に2人が離婚するとなり、立川志らくさんが慰謝料を請求するとなったらいくらくらいになるのでしょうか。

慰謝料は相手の社会的地位が高く、収入が多いと慰謝料が高額になる傾向があります。

慰謝料には、不倫をした人達に対する懲罰の意味もあるため、収入に応じて慰謝料が増額される可能性があるのです。

元アイドルで現在も弟子を取り仕切る「おかみさん」として活動する酒井莉加さんがそれなりに高い収入を得ていた場合、慰謝料が高額になると考えられます。

詳細は以下の記事を参照してください。

不倫の慰謝料相場は状況によって6倍変わる!請求額を間違えないためのポイントって?

 

ネットの反応

報道直後からTwitterでは「弟子と自宅前」がトレンドワードに入るなど、大きな話題となりました。

立川志らくの妻・酒井莉加に不倫報道…弟子と自宅前で「わいせつ」行為

酒井莉加さんの不倫は今回で二度目という点について、多くの注目を集めました。

また、立川志らくさんと酒井莉加さんの18歳の年齢差についてのツイートも多数確認できました。

立川志らくの妻・酒井莉加さんの不倫報道まとめ

酒井莉加さんは弟子との不倫関係を認めていません。

しかし、週刊誌にはデートを重ねる様子が詳しく報じられていて、潔白だったというのは難しそうです。

今後さまざまな事情が明らかになっていくことと思われますが、不倫ネットでも注視していきたいと思います。