【体験談あり】不倫で起きた修羅場、壮絶の実話を紹介!バレたらどうする?

【体験談あり】不倫で起きた修羅場、壮絶の実話を紹介!バレたらどうする?

「不倫してるけど、意外とバレないもんだな」とのんきに構えてはいませんか?

最近、芸能人の不倫が次々と白日の下にさらされているように、あなたの不倫がパートナーにバレる日もそう遠くはないかもしれません。

不倫がバレると、作り話にすら思えるような壮絶な修羅場に発展するリスクがあります。

今回は、実際に不倫の修羅場を経験した人の体験談(もちろんすべて実話!)や不倫がバレるきっかけ、バレた後のことについて解説します。

すべて実話!不倫中に起きた修羅場体験

不倫をきっかけとする修羅場は、実際にこの世の中でたくさん起きています。

実際に起きた恐ろしい修羅場の数々、その後どうなったのかを5つの体験談からみていきましょう。

1:ハメ撮り動画をあえて撮影!

不倫に気づいたのは、いつもマメにくれていた連絡がなくなったことと、スマホのロック番号を変えていたことがきっかけでした。

いつも仕事が終わったときや用事が済んだ後など、帰宅時間の目安の連絡をくれていたのですが、いつからかこちらから聞かないと連絡をくれないようになり、連絡なしに朝に帰ってくることが増えたんです。

問い詰めてはみたものの「仕事が忙しいから」の一点張り。

ある日、夫の入浴中にスマホをこっそり見ようとロック解除を試みたのですが、パスワードが変更されていました。

でも私の指紋認証を登録したままだったので、結局簡単にロック解除でき、そこで女とのやりとりが発覚。

こっそりGPSを設定し、次の日から監視を始めました。

もう仕事はとっくに終わっているはずの時間なのに連絡がこなかったため、設定しておいたGPSを起動させてみると高級レストランにいることがわかりました。

「女かも」と思い急行してみると、案の定同じ職場の若い女と食事していました……。

私を見たときの夫は「しまった」と言わんばかりの表情でした。

私は夫とその女を一緒に連れ帰り、あえてハメ撮りさせて証拠として記録しました。

その後私は実家に帰りましたが、夫からは謝罪の嵐。

離婚はせず、ハメ撮り動画をネタにして転職させしっかり管理下において見張っています。

(Aさん・女性)

あえてハメ撮りをさせて、それをネタに管理下に置くというのはすごい考えです……。

女性の強さを感じさせられました。

2:不倫がバレた夫に逆ギレされて警察沙汰!

里帰り中、私の実家に来てもすぐに帰るし、携帯を気にしていることが増えたことから不倫を疑い始めました。

ある日、夫には秘密にして家に戻り、玄関を見ると女物の靴があったのでそのまま家の中へと乗り込みました。

するとリビングに布団を敷いて寝ている夫と女性が……。

私は怒鳴り散らし、相手の女性の素性はわかっていたので一旦帰しました。

一度冷静になろうと夫とベランダへ出ると、外には友人夫婦の旦那さんが。

(近所に住んでいた友人夫婦に、夫が怪しいので家を見に帰るということを伝えてあり、そこから連絡が途絶えたため旦那さんのほうが様子を見に来てくれた)

夫はその旦那さんの姿を見て、私が話したことを瞬時に理解したのか突如私に対して暴力を振るってきたんです。

コンクリート造りのベランダに頭を打ちつけられ、その様子を見た友人の旦那さんが警察へ連絡し、警察沙汰にまで発展。

その後しばらく冷却期間を置き、夫に反省した様子が見えたので不倫相手の親も呼んで話し合い、別れさせて連絡先も変更させました。

私たちが関係を修復する際には夫に土下座をさせ、その姿を写真に撮って寝室にその写真を飾っています。

(Kさん・女性)

逆ギレして暴力を振るってくるとは、不倫された側にとってはとんだ災難だったことでしょう。

土下座写真がいつまでも効力を持ち続けてくれるといいですね。

3:聖なる夜が最悪の修羅場に…

結婚2年目のクリスマスイブ、夫とごちそうを囲んでささやかなパーティーをしていると、「宅急便でーす」とインターホンが鳴りました。

日頃からよく通販で買い物をしていたので何の疑いもなくドアを開けると、そこには私よりもやや年上の着飾った女性が。

その女性はリビングにいた夫を見るなり「仕事なんて嘘じゃない!!」と大激怒。

ヒールのまま家に上がり込み、テーブルの上の料理を夫に向かって投げつけました。

その様子から「ああ夫は不倫してたんだなぁ……」と察しましたが、号泣しながら「結婚してくれると思ってたのに!私もうアラフォーだよ!?どうしてくれるのよ!」と叫ぶ女性が哀れで怒る気にもなりませんでした。

夫は10歳以上も年上のその女性とは完全に遊びのつもりだったらしく、必死に追いすがってくる彼女にドン引き。

「近所迷惑だから家まで送っていってあげなよ……」と2人を追い出し、ソースまみれのリビングを掃除している時間が私にとって一番の修羅場でした。

夫がその女性を愛していないことはわかっていたので、今後お互い一切関わらない・付きまとわないことを条件に、別れてもらいました(慰謝料請求はなし)。

でもしばらくは無言電話やピンポンダッシュなどの嫌がらせがあって怖かったです。

(Iさん・女性)

ご夫婦にとっては忘れられないクリスマスイブになったことでしょう……。

4:妻にLINEのやり取りを見られて

不倫相手(私と妻の共通の知人)とパソコンでLINEをしていて途中で席を外したとき、妻にやり取りを見られて不倫がバレました。

他の1人との3Pの打ち合わせやハート多用のメッセージを相当の量読まれてしまい、言い訳の余地はもうありませんでした。

実は以前も別の人(上記3Pのメンバー)と不倫しており、その件は自分から妻にカミングアウトして解決……ということになっていました。

不倫がバレた日の翌日は、実は出勤と偽って年休を取って不倫相手とデートの予定だったのですが、見られたメッセージにデートの集合場所や行き先なども書いてあり……。

「また不倫をした」ということが妻の逆鱗に触れたようで、夜通し詰問され、不倫に関するほぼすべての事実を自白することになりました。

最終的に、今後不倫相手と何らかの交流があった場合はその内容をすべて偽らずに妻に報告すること、私が去勢手術を受けることという2つの条件をのむことで解決する運びとなりました。

去勢手術は受けましたが、1つ目の条件は順守しておらず、現在も不倫を続けています。

(Sさん・男性)

不倫がバレても、去勢手術をしてもなお続けているSさん、強いですね。

去勢手術も人によっては武器?!になり得るということでしょうか。

5:出かけていたはずの社長が目の前に!

会社に入社して間もない頃のことです。

ある日、社長が買い付けに行くため、会社には社長の奥さんと従業員数名という状況になりました。

新人の私が残って仕事をしていたら、社長の奥さんが誘ってきたのです。

社長の奥さんは元ヤンで地元ではヤリマンとして有名で、私も若く性欲旺盛だったため、その誘いを拒むことはできませんでした。

会社はビルの1階にあり、2階から上は社長の自宅。

私としては、Hをするなら2人きりでいても言い訳ができる会社でしたかったのですが、奥さんに「シャワーを浴びないとなめてあげないよ」と言われ、社長の自宅に行くことに。

浴室で2人で楽しんでいると突如として浴室の扉が開き、そこに立っていたのはなんと買い付けに行っているはずの社長!

私は「マズイ」と思ったのですが、Hの真っ最中で逃げられるはずもなく、そのまま社長に思いっきり蹴られ、ボコボコにされました。

同時に奥さんもボコボコに殴られていたのですが、私は奥さんを置き去りにし、その場から逃げました。

社長も奥さん同様元ヤンで地元の先輩なので、地元にはとても残れないと思い、その日を最後に地元を離れました。

いまだに社長からの反撃を恐れて逃げ回っています。

(Fさん・男性)

元ヤンからの反撃、かなりのものだったことでしょう。

気をつけていたのに一体なぜ?!不倫がバレたきっかけ

どんなに細心の注意を払っていても不倫がバレてしまうことはよくあります。

何がきっかけでバレることが多いのかをみてみましょう。

もしかしたらあなたの不倫ももう気づかれているかも……?

1:外見や行動の変化に気づかれた

夫婦も一緒にいる期間が長かったり、子どもが生まれたりすると、外見にあまり気を使わなくなることも多いです。

しかしそんな中、突然しっかりメイクして出かけるようになったり、服を新調したり、鏡の前にいる時間がやけに長くなったりすると「どうしたんだろう」と不思議に思われるでしょう。

外見だけでなく、今まであまり付き合いのなかった友人と出かけるようになったり、一人で出かけたりといったことが増えると、「何かあるのかも」と怪しまれる可能性があります。

 

バレたくないなら、外見や行動の変化はパートナーには見せないように心がけましょう。

2:スマホを見られた

不倫がバレるきっかけの中でも特に多いのがスマホです。

プライバシーが詰まったものなので、夫婦間であってもチェックするのは気が引ける、という方も多いのではないでしょうか。

でも実際、チェックしようと思っていなくても「パッと明るくなった画面に目を移したら、不倫相手とおぼしき人からのメッセージが見えた」など、偶然に近い形で見つかってしまうことも。

スマホのロックも自分や子どもの誕生日など、思いつきやすいナンバーにしているとすぐ見破られて簡単にチェックされます。

 

何が何でも不倫を隠し通したいなら、不倫相手とのメッセージや通話履歴はマメに削除し、スマホの中には証拠を残さないことです。

「スマホ見せて」と言われたときに、激しく拒否したり挙動不審になったりした場合も墓穴を掘ることになるのでご注意ください。

3:レシートや領収書を見られた

いつも行かないようなエリアのお店や、やけに高級なレストランのレシート・領収書も不倫に気づかれるきっかけとなり得ます。

きちんと処分したつもりでも、上着のポケットに入っていたものを洗濯時に見つけられて修羅場に……という可能性も。

 

レシート・領収書の他、クレジットカードの明細も、書面で自宅に届くようにしている場合はパートナーに見られないようにするか、ペーパーレスにしたほうがバレる確率は下がるでしょう。

4:友人や同僚などに目撃された

不倫を始めた頃はしっかり気を張って知人に出くわすことがないような場所で密会するようにするかと思います。

しかし、不倫に慣れてくると近場でデートするようになることもあるでしょう。

そうしたときに友人や同僚、近所の人に目撃される可能性があります。

 

たとえ十分に気をつけていたとしても、「こんなときに限って!」というタイミングで出くわすはずのない人に意外な場所で出くわす、ということは起こるものです。

目撃されたことにあなたは気づかなかったとしても、知らぬ間にパートナーに知らされていた、という可能性も十分に考えられます。

5:不倫調査に決定的証拠を撮られた

パートナーがあなたの不倫をほぼクロだと考えていて、離婚も視野に入れている場合など、不倫調査に依頼して証拠を押さえようとすることがあります。

プロの手にかかったら最後、よほど慎重に行動していない限り、確実に証拠を押さえられてしまうでしょう。

不倫がバレて修羅場に! どう切り抜ける?

不倫がバレて、最も恐れていた修羅場に直面したとき、どうやって切り抜けたらいいのでしょうか。

あなたが今後どうしたいかによっても、切り抜け方は変わってきます。

1:しらを切る

不倫の決定的証拠を押さえられておらず、その不倫相手ともただの遊び程度と考えているのであれば、しらを切るというのも一つの方法です。

ただ、そこでしらを切り通せたとしても、あなたへの疑いの目は今後も強くなっていくと考えられます。

パートナーとの関係を壊したくないのであれば、不倫相手との関係は早いうちに清算するようにしましょう。

2:事実を認めてとにかく謝り倒し、関係修復に努める

ある程度言い訳のできないような証拠を突き付けられたり、不倫現場を見られたりしたけれど、今後も婚姻関係を続けたい場合は、潔く事実を認めて謝り倒しましょう。

謝り倒したところでパートナーが必ず許してくれるとも限りませんが、関係修復を望むのであれば、それが今あなたができる唯一のことだといえます。

苦しい言い訳はあなたの立場をさらに不利にする可能性があるので、ひたすら謝るしかありません!

謝り続けてもパートナーの心が少しも変わらないようであれば、残念ですが諦めるしかないでしょう。

3:慰謝料を払う覚悟をして不倫相手と一緒になる

「浮気のつもりが本気になってしまった」ということも少なからずあるものです。

パートナーよりも不倫相手に気持ちが傾いた状況で修羅場に直面したときは、パートナーに慰謝料を払う覚悟をして、離婚を提案する方法が考えられます。

不倫が発覚した上に離婚届を突き付けられるというのはパートナーには大変酷なことですが、別の人に気持ちが向いている夫(妻)と生活を続けるのも苦しいはず。

あなただけでなく不倫相手にも慰謝料請求がされる可能性も十分にありますが、離婚に向けて話し合いを進められないか提案してみましょう。

 

不倫の慰謝料がどれくらいになるか、相場についてはこちらの記事をご覧ください。

不倫の慰謝料相場は状況によって6倍変わる!請求額を間違えないためのポイントって?

不倫で修羅場を経験して目が覚める人も少なくない

不倫を始めてからしばらくは、普通に恋愛中のカップル同様、お互いしか見えずまさに「恋は盲目」状態に陥ることもあります。

相手の「本当に愛しているのはあなただけ」「妻(夫)とは離婚するから」という言葉も、あっさり信じてしまうかもしれません。

しかし、最初に紹介したような修羅場を経験して、突然冷や水を浴びせられたかのように「何やってるんだろう」と現実に戻る人も少なくないとのこと。

修羅場がきっかけとなり、パートナーだけでなく不倫相手からもバッサリ切り捨てられる……なんて最悪な事態になることもある、ということですね。

まとめ

誰にも気づかれず、何年にもわたって不倫を続けるのはかなり難しいことです。

まだ不倫がバレていなかったとしても、いつかバレて大変な修羅場を経験することになる可能性は誰にでもあります。

ヘタをすれば不倫相手とパートナーを同時に失うはめになったり、相手によっては命の危険にさらされるような事態にまで発展したりすることだってあるでしょう。

 

不倫がバレた後、あなたはどうするのか・どうしたいのかについてもしっかり考えておきましょう。

不倫を楽しんでいるときにはなかなか気づけないかもしれませんが、「あなたにとって本当に大事なもの」は何なのか、ぜひ見つめ直してみてください。

(ライター:桃田菜央)