【体験談あり】新たな不倫のスタンダードに?マッチングアプリ不倫の実態に迫る

今や男女の出会いのスタンダードの一つになりつつあるマッチングアプリ。

日本で一番利用者数が多いというPairs(ペアーズ)は、登録者数1,000万人以上となっています。

マッチングアプリというと、彼氏・彼女や結婚相手を探す人が利用するイメージが強いかと思いますが、最近は不倫相手を探すのに利用している人もいるのだとか。

この記事では、マッチングアプリ不倫経験者の体験談を交えながら、どんなきっかけでマッチングアプリ不倫を始めたのか、なぜマッチングアプリがいいのかを見ていきます。

マッチングアプリ不倫の魅力とは?体験談から推測

不倫というと身近な男性(女性)と…という人も少なくないように思われますが、なぜマッチングアプリを利用するのでしょうか。今回は5人の方の体験談から考えてみます。

1:専業主婦でも幅広い年齢層・職業の人に出会える!

3年ほどマッチングアプリを利用して、5人の男性と会いました。でも、不倫関係になったのは好きになった1人だけです。私は専業主婦、夫は朝から晩まで仕事。日々の疲れか、夫婦生活もまったくなくなってしまいまって、肉体的にも精神的にもとても寂しくて…その寂しさを癒やすためにアプリを使い始めました。

専業主婦だとまったく出会いがないですが、アプリならいろいろな年齢・職業の人と自宅にいながらして出会えるので、とても便利だと思いました。

(Rさん・40代・女性)

たしかに、マッチングアプリにはいろいろな人が登録しているので、たくさんの人が登録しているアプリであればあるほど、自分が理想とする人に出会える可能性も高まりますよね。

2:面倒くさい人もいたけれど…

知人の勧めでマッチングアプリを始めて、3年ほどになります。妻とは結婚して10年になりますが、すっかりセックスレスで…他の女性を抱きたい、ということを知人にぽろっとこぼしたところ、「不倫相手を探している人も多いから」と有名なマッチングアプリを勧められました。今まで2人と不倫関係になりました。1人は独身女性だったのですが、割り切った関係でなくデートに行きたがったりと少々面倒だったため、ちゃんと話し合って別れました。もう1人とは今も関係継続中です。

(Tさん・男性・30代)

パートナーとセックスレスで不倫に走る人はやはり多いのでしょう。アプリは真剣にお付き合いできる人を探している人も利用しているので、この男性が出会ったような少々面倒な女性に出会う可能性もゼロではありません。

3:誰かにかわいがられたくて

マッチングアプリは8年ほど使ってきて、3つのアプリを利用しました。不倫関係になったのは4人です。夫に不倫されて、関係再構築を決めたのですが、正直愛情も信頼もなくなっていました。若くして結婚したため当時まだ20代前半、まだまだ誰かに愛されたい、ちやほやされたいという気持ちが強く、アプリを使い始めました。

マッチングアプリのいいところは、ほどよい距離に住んでいる相手を探せること、プロフィールに多少細工すれば自分の素性を知られることがないことです。子どもがいることもあって、やはり近隣で相手を見つけるのは抵抗があるので…。メッセージをやりとりしていても、不快だと感じたらブロックすればいい点も安心だと思います。

(Yさん・30代・女性)

特に不倫目的でアプリを利用している人は、近すぎず遠すぎず、ちょうどいい距離に住んでいる相手を探すことを目的としていることが多いのかもしれませんね。

4:セックスレスの寂しさをまぎらわすために…

マッチングアプリはこれまで5年ほど使ってきて、8人の女性と不倫関係になりました。今は2人と3年ほど関係が続いています。妻とはセックスレスで、寂しさをまぎらわせるためにアプリを使い始めました。最初は3つ使っていましたが、不倫相手募集をよく目にするアプリ1つに絞りました。

出会いやすくはありますが、バレたときに面倒なので自分の周囲にいる女性に手を出すのはよくないと思っています。その点マッチングアプリは比較的安心です。

ただ一度ヒヤッとしたことがあって…生活圏で会ったのが悪かったんですが、不倫相手と一緒にいるときに、不倫相手の夫に偶然出くわしてしまったんです。なんとか切り抜けましたが、それからは生活圏から離れた場所で会うか、ラブホに直行するようにしています。

(Kさん・男性・40代)

マッチングアプリ不倫に限ったことではないですが、生活圏でデートをすれば、この男性が経験したようなことは当然起こり得ます。バレたくないなら慎重に慎重を重ねて行動すべきでしょう。

5:夫の愛情を確かめたくて登録

有名マッチングアプリで1年ほどで、2人と不倫関係になりました(今は続いていない)。夫が自分を愛してくれているのかどうかを確認するために始めたもので、手当たり次第ではなく、できるだけ真面目な人を見極めていました。マッチングアプリだと、不倫関係を望んでいるわけではなくて、結婚を前提としたお付き合いを求めている人も多かったです。会うときにいかにもプロポーズ、というような花束を持ってくる人がいたりして困ることもありました。

(Iさん・30代・女性)

2番目に紹介した男性のように、少々面倒な人に出会ってしまったパターンですね。目的が違う人と出会ってしまうこともある、ということは承知しておかなければならないでしょう。

マッチングアプリで不倫相手探しはNG?

1点注意しておきたいのが、Pairsをはじめ、独身でない人の登録を禁止しているマッチングアプリもあるということ。

身分を偽って登録すると、何かしらのトラブルが起こることも考えられます。

今回紹介した方々がどのアプリを利用しているかまではわかりませんが、「既婚者登録NG」のアプリもあるということは覚えておいたほうがよさそうです。

今回体験談を読んでいて感じたのが、マッチングアプリ不倫をしようと思ったきっかけの違いです。男性は肉体関係を求めて不倫をする人が多いようですが、女性は「女として見られたい」といった欲を満たすためにアプリを利用することが少なからずあるようです。

ただ、マッチングアプリの広告の見せられ方は男女で違いがあるようなので、「女性として見られたい」という気持ちを満たすには、アプリは不向きなのかも…?

「どのマッチングアプリも全面的に性的アピールしてるんですよ。女性ユーザーに向けられているようなプロポーズだの結婚だの、そんな写真は見たことがないですね。中にはかなり露骨に性行為を連想させるイメージを使っているものもあります」

驚きでハッと息を飲むとともに、やはりそうであったかと諦めの感情が湧く。

女性に対しては誠実かつ真面目なイメージを与える一方で、男性には性的欲望を煽って会員を募る。それがマッチングアプリの実態ということ。

不倫にヤリモク、女性蔑視も…マッチングアプリがひた隠す「不都合な真実」

マッチングアプリ不倫には十分にご注意を!

コロナ禍で在宅時間も増え、中には「暇つぶしにマッチングアプリでもやってみようかな」という方もいるかもしれません。

もちろんアプリがきっかけでいい出会いができることもあるのかもしれません。でも、ご紹介したマッチングアプリの広告の見せ方からしても、肉体関係を求めていない人にとっては不都合な場合もありそうです。