一夜限りの関係を持った相手がまさかの既婚者!慰謝料請求される可能性は?

「お酒に酔った勢いで」「寂しかったから…」といった理由で、一夜限りの関係を結んでしまうこともあるかと思います。

でも、もし一夜限りの相手が既婚者だったら…?「これって不倫になるの?!」と焦りますよね。

この記事では、一夜限りの不倫でも慰謝料請求の可能性があるのか、請求された場合の相場などをお伝えします。

関係を持った後に相手が既婚者だと知って、不安に襲われている方はぜひ最後までお読みください!

一夜限りの不倫でも慰謝料請求される可能性はある

「不倫って言っても一度だけなんだし…」と思う方もいるかもしれません。

しかし結論から言って、一夜限りの不倫(以下「ワンナイト不倫」とします)であっても、相手の配偶者から慰謝料を請求される可能性はあります。なぜなら夫婦間には「貞操義務(配偶者以外と性行為をしないこと)」があり、たとえワンナイトでも、配偶者以外と性行為をすれば貞操義務に違反したことになるからです。

ただ、不貞行為(不倫)として立件されるのは、ほとんどの場合性行為が複数回行われたケース。「ワンナイトなら大丈夫」とは言い切れませんが、不貞行為として立件される可能性は低いといえます。

仮にワンナイト不倫で慰謝料が請求されることになったとしても、長期間にわたっての不倫とワンナイト不倫を比較すると、ワンナイト不倫のほうが慰謝料額は少なくなる可能性が高いでしょう。

一夜限りの不倫、慰謝料の相場は?

一般的な不倫の慰謝料の相場は、50〜300万円だとされています。一方でワンナイト不倫(1回限りの不貞行為)の慰謝料額の相場は、50~200万円。

慰謝料を決める際に重要なポイントとして、不貞行為の回数や不倫の期間が挙げられます。ワンナイト不倫の場合、長期的な不倫と比較すると有責性(責任があること)が低いとされ、慰謝料相場も多少安くなるというわけです。

ただ、慰謝料額を決める際には、不貞行為の回数や不倫期間のほか、子どもの有無や夫婦関係への影響(離婚に至ったかどうか)なども考慮されます。たとえばワンナイト不倫が発覚したことで夫婦が離婚に至ったというようなことがあれば、慰謝料額も増額されるかもしれません。

「既婚者だなんて知らなかった!」でも慰謝料請求される?

ワンナイト不倫をしてしまった方の中には、「結婚しているなんて聞かされていなかった」「まさか奥さん(旦那さん)がいたなんて!」と、情事の後から相手が既婚者であることを知った方もいるでしょう。

そのような場合でも慰謝料を請求されることはあるのでしょうか?

故意・過失がなければ請求される可能性は低い

関係を持った相手が既婚者であることを隠しており、知りようがなかった場合は「故意・過失がない」と判断されることがあります。つまり責任がないとされ、慰謝料請求も認められない可能性が高いといえます。

ただ、「故意・過失がない」と証明することはそう簡単なことではありません。一夜限りであれ、性行為をしたことは確かであるため、「故意・過失がない」と証明できなければ、非があるとされてしまう可能性もあります。

故意・過失について、詳しくはこちらの記事もご覧ください。

【未婚だと思ったのに】だまされて不倫、相手の妻から慰謝料請求されたら

婚姻関係が破綻している場合も請求されにくい

関係を持った相手が既婚者であっても、夫婦の婚姻関係が破綻している状態であれば、基本的に慰謝料請求は認められません。

「婚姻関係が破綻している状態」とは、たとえば1~2年以上別居しており、家計を共にしていないといった状態が例として挙げられます。ただし別居していたとしても、定期的に連絡を取っている・会っている場合は婚姻関係が破綻しているとは判断されにくいでしょう。

「故意・過失がない」と証明するのと同様、「婚姻関係が破綻している」と証明するのも簡単なことではありません。

時効が成立している場合も請求されない

不倫の慰謝料は、時効が成立すると請求できなくなります。ワンナイト不倫から一定期間が過ぎれば、慰謝料を請求されることはなくなるのです。

不倫慰謝料の時効について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

不倫慰謝料の時効は3年と20年!請求相手や発覚時期で変動

一夜限りでも慰謝料請求の可能性はあるが、難しい点も

繰り返しになりますが、ワンナイト不倫であっても慰謝料を請求される可能性はあります。しかしさまざまなことを考えると、実際のところは難しいと言わざるを得ないでしょう。

というのも、「不貞行為である」として慰謝料を請求するためには、不貞行為があったという有効な証拠が必要になるからです。証拠としては、たとえば以下のようなものが挙げられます。

  • ホテルに出入りしている写真や動画
  • 性行為の様子を撮った写真や動画
  • 性行為があったと推測できるメッセージのやりとり
  • ラブホテルの領収証

ワンナイトの場合、相手と連絡先を交換せず、そのまま別れることすらあるでしょう。また、長期的な不倫であれば、不倫を疑う配偶者や雇われた探偵が尾行して、ホテルに入る瞬間を狙って写真を撮ることもありますが、ワンナイトの場合、そうしたことはまずないはずです。

たとえば関係を持った相手の趣味が性行為中の撮影であったり、誰かに尾行されていてホテルへの出入りの瞬間を撮られたりして、そのデータがどこからか流失した…などであれば話は別ですが、ワンナイト不倫では有効な証拠を集めるのは難しいのが現状です。

(とはいえ「絶対に慰謝料請求されない」と言い切ることもできないのですが…)

一夜限りの相手とはその日限りでさよならすべき!

ここまでお伝えしたとおり、故意・過失がなかったり、相手と配偶者の婚姻関係が破綻していたりする状況であれば、慰謝料請求される可能性は低いといえます。

しかし言うまでもなく、関係を持った相手が既婚者であることを知った上で関係を続ければ、ワンナイト不倫ではなく立派な不倫になってしまいます。相手の配偶者に知られれば、慰謝料を請求される可能性大!

「あの夜が忘れられなくて…」と、ワンナイト不倫の相手を恋しく思ってしまう方もいるかもしれません。しかし深みにはまって修羅場を引き起こす前に、相手のことはキッパリ忘れましょう!